読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

那覇空港LCCターミナルから国内線ターミナルへ移動

f:id:tachibanaya-shop:20170414111644j:plain

▲今は2017年2月25日 土曜日の午後5時19分。沖縄・那覇空港LCCターミナルから満員のシャトルバスで国内線ターミナルへ移動中。

f:id:tachibanaya-shop:20170414112019j:plain

シャトルバスは、出発すると、ほどなく空港フェンスから外に出る。向こうに見える建物が国内線ターミナルらしい。割合近く、歩いていけそうな距離。

f:id:tachibanaya-shop:20170414112309j:plain

那覇空港 国内線ターミナル「到着3」と書かれたドア付近でシャトルバスは止まる。ここから、いったんターミナル内に入る。時間があれば、那覇空港内を探索したいところだが、時間がないので、そのまま「ゆいレール」に乗るつもり。

f:id:tachibanaya-shop:20170414112740j:plain

▲到着ロビーに入ったところ。表示に従い、ゆいレール乗り場へ向かう。

f:id:tachibanaya-shop:20170414112901j:plain

▲エスカレーターに乗り、2階出発ロビーへ。その先に、ゆいレール乗り場があるらしい。

f:id:tachibanaya-shop:20170414165126j:plain

▲国内線ターミナルの2階に到着。ゆいレールの標識にしたがって、こちらのドアから外に出る。

f:id:tachibanaya-shop:20170414165302j:plain

▲さらに渡り廊下のような通路を進むと・・・

f:id:tachibanaya-shop:20170414165357j:plain

▲道路をはさんで向こう側に、ゆいレール那覇空港駅」が見えてきた。

f:id:tachibanaya-shop:20170414165544j:plain

那覇空港駅の正面につながる歩道は、左右に動く歩道が設置されている。前回、沖縄に来た時には存在しなかったゆいレールに、やっと乗ることができる。

沖縄・那覇空港LCCターミナルを見学

f:id:tachibanaya-shop:20170413104854j:plain

▲ピーチ便から降りて、那覇空港LCCターミナル内に入っていく。工場通路のような場所を歩く。

f:id:tachibanaya-shop:20170413105213j:plain

▲突き当たりは、手荷物受け取り所。よく見なかったが、係員が一つ一つ荷物を渡してくれる方式か?

f:id:tachibanaya-shop:20170413105546j:plain

▲預け荷物が無い私はそのまま出口へ。

f:id:tachibanaya-shop:20170413105523j:plain

▲ここが那覇空港LCCターミナルの到着ロビー兼出発ロビー。天井が高いので救われているが、いかにも安く作りましたという場所。正面に見える列は、ターミナル間シャトルバスを待っている人々。

f:id:tachibanaya-shop:20170413105957j:plain

▲壁面にピーチとバニラのマークが見える。この奥は、出発便の保安検査場。

f:id:tachibanaya-shop:20170413110301j:plain

▲こちらは、ピーチのチェックインコーナー。とりあえず作りましたというような白い壁が、LCCターミナルの安っぽさをさらに引き立てている。

f:id:tachibanaya-shop:20170413154530j:plain

▲このターミナルに長居をしていても仕方ないので、国内線ターミナルへバス移動するため、バス待ちの長い列に加わる。

f:id:tachibanaya-shop:20170413154750j:plain

▲列は少しずつ進み、やっとバスの姿が見える位置までやってきた。

f:id:tachibanaya-shop:20170413154858j:plain

▲混み合ったバスに乗るのは本意ではないが、入口ドアがまだ閉まる気配もないので、仕方なく乗り込む。LCC、飛行機に乗っている分には特に不満もないが、バスでのターミナル間移動が必要なところは、やっぱり不便かなと思う。

那覇空港 LCC専用ターミナルに到着

f:id:tachibanaya-shop:20170412105258j:plain

▲今は、2017年2月25日 午後4時55分。ピーチMM217便で、沖縄 那覇空港に着陸したところ。羽の上面に「JA809P」という機体番号が見える。JA809Pは、2013年6月登録のエアバスA320-200。

f:id:tachibanaya-shop:20170412163230j:plain

▲ターミナルへ向かう途中で、別のピーチ便とすれ違った。機体番号は「JA811P」。これは、2013年12月登録の機材。

f:id:tachibanaya-shop:20170412163648j:plain

那覇空港那覇空港LCCターミナルに到着。関空第2ターミナル以上に、倉庫な外観のターミナル。わざわざLCCターミナルという呼称を付けているだけのことはある。前の扉は、すぐに開いたが、席が後方なので、なかなか降りることにはならない。外を眺めながらおとなしく待つ。

f:id:tachibanaya-shop:20170412164007j:plain

▲しばらく待って、前があいたので通路へ出る。到着時の事だけを考えると、後方席はだいぶ損。

f:id:tachibanaya-shop:20170412164158j:plain

▲タラップから降りる寸前に、写真を一枚。滑走路の向こうは、海。沖縄の海。そして気づく。羽根の付け根が綺麗になっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170412164612j:plain

▲タラップを降り、ターミナルに歩いていく。振り返り、もう一度、飛行機の写真を撮る。

f:id:tachibanaya-shop:20170412164804j:plain

LCCターミナルに向かって、とぼとぼと歩く。どう見ても倉庫にしか見えないターミナル。

f:id:tachibanaya-shop:20170412164927j:plain

▲ここが、那覇空港LCCターミナルの入口。工場の通用口にしか見えない。LCCターミナルは、那覇空港ターミナルとは少し離れているので、ここからさらにバスで移動する必要がある。LCCはいろいろとたいへん。

ピーチMM217便は、厚い雲を抜け、那覇空港に着陸

f:id:tachibanaya-shop:20170411102851j:plain

▲今は、2017年2月25日 午後3時30分。関西国際空港 第2ターミナル発のピーチMM217便に乗り、沖縄・那覇空港に向けて移動中。雲が切れ、地上が見えた。海に突き出した滑走路が見える。宮崎空港だろう。

f:id:tachibanaya-shop:20170411103400p:plain

▲今日はiPhoneGPSの電波を拾えている。ちょうど、宮崎市沖を飛行していることがわかる。

f:id:tachibanaya-shop:20170411103616j:plain

▲ここから先は、また雲に覆われて地上は見えなくなった。雲を見下ろしながらの飛行も、それはそれで良い。ここは、どの辺りかと、また地図で確認してみると・・・

f:id:tachibanaya-shop:20170411104550p:plain

▲ちょうど奄美大島の上空あたりだった。奄美大島にも一度は行ってみたいものだ。

f:id:tachibanaya-shop:20170411104718j:plain

▲そろそろ着陸。厚い雲に突っ込んでいく。天気予報によると那覇は、曇りのち雨。残念ながら天気が良くない。

f:id:tachibanaya-shop:20170411105300j:plain

▲高度を落とすにつれ、雲が切れ地上が見えてきた。街を右に見ながら、空港に向かって進んでいく。

f:id:tachibanaya-shop:20170411105602j:plain

▲地上がどんどん近づいてくる。窓からは見えないが、すぐ正面に滑走路があるはず。

f:id:tachibanaya-shop:20170411105729j:plain

▲そして、着陸。雲に覆われた那覇空港、雨はぎりぎり降ってないが、今にも雨となりそうな天気。太陽が輝く、暑い沖縄を期待していたが、そうはならなかった。

ピーチMM217関空から離陸、機内では一番搾り

f:id:tachibanaya-shop:20170410160201j:plain

▲席に着き離陸を待つ。今日はほぼ満席らしい。土曜日だと、いつもこんなもんなんだろう。

f:id:tachibanaya-shop:20170410160418j:plain

▲ドアポケットの食事メニューを開く。バンコク就航記念ということで、タイ特別メニューが並んでいる。シンハービールを頼みたいところだが、すでに待合室の売店でビールを買ってしまった。昼間からビール2缶は、さすがに気がひける。

f:id:tachibanaya-shop:20170410160824j:plain

▲機体が動き始めた。横に見えるのは、air Hong Kongの貨物機。後方は、DHLカラーリングになっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170410161120j:plain

▲誘導路上をさらに進む。ティーウェイt'wayの機体とすれ違う。ちなみに、ティーウェイ航空は韓国のLCCで、日本では他に、成田、新千歳、福岡などに就航している。

f:id:tachibanaya-shop:20170410161658j:plain

▲そして、離陸。

f:id:tachibanaya-shop:20170410161807j:plain

▲右側奥に見えるのが第2ターミナル。第2ターミナルの横にも、いろいろな建物が建っている。

f:id:tachibanaya-shop:20170410162044j:plain

▲さらに上昇する。白い燃料タンクが10基ほど見える。

f:id:tachibanaya-shop:20170410162210j:plain

▲やや右に旋回しながら上昇を続ける。後方に、先ほど飛びたったばかりの空港島が見える。

f:id:tachibanaya-shop:20170410162510j:plain

▲ベルト着用サインが消えたので、さっそくビールを開ける。気圧の関係で、中身がすこし溢れ出てしまった。おつまみは、柿の種。ふだん国内線で、ビールを飲むことは無いが、那覇行きなら、こんな事も許される感じがする。

f:id:tachibanaya-shop:20170410162828j:plain

▲眼下に見えるのは、徳島、吉野川沿いの山々。関空発の那覇便は、たいてい高知市上空を通過するはず。

f:id:tachibanaya-shop:20170410163113j:plain

▲ビールを飲んでいるうちに、高知市を通過。下に見えるのは、四万十川の上流付近だろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170410163249j:plain

▲その後、雲が厚くなり、地上は見えなくなった。那覇行きのピーチ便は、まさに雲のじゅうたんの上を飛んでいく。

関空発 那覇行き ピーチMM217便に搭乗

f:id:tachibanaya-shop:20170409191449j:plain

▲倉庫、じゃなくて、第2ターミナル国内線から外に出る。斜め前に、これから乗る機体が見えた。飛行機の鼻先、色が異なる。本来は、ボディと同色の白。整備の関係でこうなっているのだろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170409191857j:plain

▲横断歩道を歩いて、A320へ近づいて行く。雨が降っていると、ちょっと大変な搭乗方式。しかし、何度もピーチに乗ってるが、雨の経験はない。

f:id:tachibanaya-shop:20170409192237j:plain

▲なかなか良い天気になった。

f:id:tachibanaya-shop:20170409192344j:plain

▲間近で見るジェットエンジン。側面には、「FLYPEACH.COM」の文字。A320はとても安全性の高い機体と知ってるが、しっかり沖縄まで飛んでくれよ、と思う。

f:id:tachibanaya-shop:20170409192714j:plain

▲階段をゆっくりと上がっていく。足が悪い人にとっては、ちょっと厳しい搭乗方式。

f:id:tachibanaya-shop:20170409192932j:plain

▲機内へ入る寸前、もう一度シャッターを押す。実際には、iPhoneをタッチしているだけが・・・。翼の付け根に、塗装が剥げている箇所がある。何かぶつかった跡だろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170409193247j:plain

▲機内に入り、着席する。座席は「28F」、後方の右窓側。あらかじめ予約してあった席。最近は、極力後方を選ぶようにしている。

f:id:tachibanaya-shop:20170409193927j:plain

▲窓からの景色。関空から那覇空港までは、2時間10分の飛行時間。国内線としては、結構長い方だ。搭乗前に売店で買ったビールを上空でゆっくり飲もうと思っている。

銀座ライオンで昼食、その後、保安検査へ

f:id:tachibanaya-shop:20170408203538j:plain

▲昼食は、第2ターミナル国内線出発ロビーの銀座ライオンで。この店を使うのは初めてのように思う。

f:id:tachibanaya-shop:20170408203739j:plain

▲注文はカウンターで行う。普通のカレーでいいかと思っていたが、気が変わり、ハンバーグカレーにした。KIXカード提示で5パーセント引き。

f:id:tachibanaya-shop:20170408204052j:plain

▲この店は、出発ロビーとの間に仕切りが無い。カレーを食べながら、チェックイン手続きなどをしてるお客さんを眺める。この時間、乗客は少なめ。

f:id:tachibanaya-shop:20170408214034j:plain

▲食事を終え、保安検査場へ向かう。先ほど、カレーを食べていた時よりも、心持ち検査場は混んできたようだ。検査待ちの列は、途中で左右2つに分かれる。どちらが早いか見極めて、右側を選んだ。

f:id:tachibanaya-shop:20170408214418j:plain

▲ 保安検査を通過すると、そこは待合室。手前にある、KIXカード登録機にカードを入れ、登録を済ませる。KIXポイントが貯まると、マイルなどに交換ができる。先日も、わずかだがポイントをマイルに交換した。

f:id:tachibanaya-shop:20170408214856j:plain

▲待合室で、那覇便の出発を待つ。前の便も含めて、全体的に搭乗案内が遅れているようだ。席には座らず、フロアを行ったり来たりして、搭乗案内を待つ。国際線は、新ターミナルへ移転したものの、国内線フロアは、以前のままで広がっていない。かなり手狭に感じるが、そのうち広がるのだろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170408215346j:plain

▲出発予定時刻ぐらいになって、やっと機内への搭乗が始まる。いつものように、この長い通路をダラダラと歩いていく。

f:id:tachibanaya-shop:20170408215649j:plain

▲通路の先で一旦ストップ。今日は91番ゲートからの出発となる。ここで、搭乗券をチェックされる。そして、その先は駐機場。だいぶ待たされたが、やっと機内へ入れる。