読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外と明るいサグラダファミリアの内部

f:id:tachibanaya-shop:20161218203545j:plain

生誕の門の塔から降りてきた後は、また、聖堂内部を見学。ステンドグラスから差し込む光が、聖堂内部を明るく照らし出しています。

f:id:tachibanaya-shop:20161218203837j:plain

壁沿いには造り付けのベンチがあるので、座ってくつろげます。

f:id:tachibanaya-shop:20161218204004j:plain

ステンドグラスの模様も、窓ごとに異なっており、モザイク画のようなデザインになっています。色使いにも規則性は感じられません。

f:id:tachibanaya-shop:20161218204256j:plain

まっすぐ天に向かって伸びる柱が、聖堂内の明るさと相まって、伸びやかさを感じさせます。

f:id:tachibanaya-shop:20161218222518j:plain

高い天井のデザインも独特です。そして、中央部分はとても明るい。

f:id:tachibanaya-shop:20161218222720j:plain

中央にぶら下がっているキリスト像は、ちょっと寂しげです。一方、壁際上部に位置する聖母像は、神々しく見えます。

聖堂内部もなかなか複雑な構造なので、ずっと眺めていても飽きません。私はサグラダファミリアに3時間ほどいましたが、時間があれば、もっと時間をかけて、ゆっくりしたいぐらいでした。