読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナ・エルプラット空港から、マドリード・バラハス空港へ移動

f:id:tachibanaya-shop:20170316081458j:plain

マドリード行きのブエリング便に乗り込む。後ろ側のドアが開いているのがわかる。LCCでの移動は安くて手軽だが、高速鉄道を使っても良かったかなとも思う。

f:id:tachibanaya-shop:20170316081759j:plain

▲後方窓側の席をあらかじめ指定しておいた。LCCなので当然ながら前後間隔は狭いが、たまたま隣が空席だったので、ゆったりくつろげた。

f:id:tachibanaya-shop:20170316081945j:plain

▲午後4時50分ごろ、マドリード・バラハス空港(Barajas Airport)に着陸。2014年3月より、バラハス空港の正式名称は、民主化移行後の最初の首相の名前をとって、「アドルフォ・スアレスマドリード=バラハス空港」となっている。ブエリング便は、2006年開業の一番新しい「第4ターミナル」への到着となる。

f:id:tachibanaya-shop:20170316082225j:plain

▲飛行機を降りて、ターミナル内へ。天井が高く、独特な雰囲気のあるターミナル。

f:id:tachibanaya-shop:20170316082447j:plain

▲エスカレーターを降り、制限エリアから外へ出る。国内線なので、チェック個所は無い。

f:id:tachibanaya-shop:20170316082603j:plain

▲天井の照明にも特徴がある。傘のついた照明が、ずらっと並んでいる。暖かい雰囲気のライトになっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170316091800j:plain

▲バラハス空席から市内中心部へは、バス、地下鉄、renfe(スペイン国鉄)などがあるが、今回は一番簡単に使えるバスを利用する。

f:id:tachibanaya-shop:20170316092119j:plain

▲これが市内中心部「アトーチャ駅(City Center)行き」のバス。アトーチャ駅は、マドリード最大の鉄道駅。アトーチャ駅行きのバスは第4ターミナルが始発のせいもありバスの中はガラガラ。たぶん慣れている人は、他の交通機関で市内へ移動するのだろう。私は予定通りこのバスに乗り込み市内へ向かう。