読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24時間有効な「ゆいレール1日乗車券」を買う

f:id:tachibanaya-shop:20170415153420j:plain

ゆいレール 那覇空港駅に到着した。表示されている注意書きが示しているように、スイカ・イコカなど県外のICカードは使えない。

f:id:tachibanaya-shop:20170415153832j:plain

▲ホテルは、ゆいレールおもろまち駅の近くを予約している。那覇空港駅からおもろまち駅まで片道300円だから、往復すると600円かかる。

f:id:tachibanaya-shop:20170415154228j:plain

▲しかし、切符販売機の画面をよく見ると、「1日券・2日券を買う」というボタンに気づいた。ネットで調べてみると、1日券というのは、実は24時間有効券であることが分かった。今回、沖縄滞在は、明日のお昼ぐらいまでなので、24時間券があれば充分。

f:id:tachibanaya-shop:20170415154722j:plain

▲さっそく、1日乗車券を購入。料金は700円、これで、24時間乗り放題は、旅行者にとってはお得。日本語、英語、中国語、韓国語併記で外国人旅行者にとっても分かりやすい。

f:id:tachibanaya-shop:20170415154950j:plain

▲この切符で自動改札機を通り抜けようとするが、うまくいかない。切符を通すのでもなく、タッチするのでもない。詰所にいる女性駅員さんにヘルプの視線を送ると、「手のひらをひっくり返すようなジェスチャー」を返された。これで分かったのだが、券面のQRコードを改札機に読み込ませる方式だった。

f:id:tachibanaya-shop:20170415155545j:plain

▲エスカレーターでホームへ上がる。ゆいレールは、どの駅もほぼ同じ作りで、改札が高架にあり、ホームへは、そこからさらにエスカレーターで上がる必要がある。モノレールは、基本的にかなり高い位置を走っている。

f:id:tachibanaya-shop:20170415160121j:plain

▲ホームで出発を待っているモノレール車両に乗り込む。

f:id:tachibanaya-shop:20170415160259j:plain

▲こじんまりとした車両、席はほぼ埋まっていたのでドア横に立つ。

f:id:tachibanaya-shop:20170415160454j:plain

▲ほどなくドアが閉まった。とりあえず、那覇空港駅から数えて2つ目の小禄駅まで行ってみる。