読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラハス空港でチェックインを済ませ、ラウンジへ

f:id:tachibanaya-shop:20170324081449j:plain

▲今は2016年5月30日、月曜日、午前10時30分。ここは、スペイン・マドリードのバラハス国際空港・ターミナル2。チェックインのため、ルフトハンザの窓口に並んでいる。今回のスペイン旅も、あとは日本へ帰るだけとなった。往復の航空券はANAで手配したが、帰りはルフトハンザのコードシェア便となっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170324082148j:plain

▲チェックイン、完了。まずは、12:45発のルフトハンザLH1113便でドイツ・フランクフルトまで移動する。 フランクフルト到着は、15:20の予定。

f:id:tachibanaya-shop:20170324100858j:plain

▲セキュリティーチェックを抜け、制限エリアに入る。このあたりも天井が低く、地方空港のような殺風景な印象。デザイン性の高いターミナル4とは大違い。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101119j:plain

▲その先に、プライオリティーパスで入ることができるラウンジ Sala VIP Puerta de Alcaláを見つけたので、階段を上ってみる。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101345j:plain

▲プライオリティーパスカードと搭乗券を見せて、ラウンジに入る。ここは、滑走路が見渡せる窓が並んだ奥行きがあるラウンジ。やはり、天井が低く、古くさいイメージではあるが、居心地は良さそう。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101652j:plain

▲中央のカウンター席に座る。フードコーナーから、ビールとサンドイッチとフルーツを取ってきた。昨日のバルセロナ・エルプラット空港のラウンジにはビールが無かったが、ここは普通に缶ビールを置いてあった。

f:id:tachibanaya-shop:20170324102037j:plain

▲スペインでメインとして使っていたボーダフォンES(エスパーニャ)のSIMを、ドイツでも使えるボーダフォンIEアイルランド)のRED ROAMING SIMに入れ替える。

タクシーアプリHailoを利用し、バラハス空港へ移動

f:id:tachibanaya-shop:20170323162611j:plain

▲チョコレートを買ったあとは、空港へ移動する。中途半端な場所にいるので、そのままタクシーを拾って、空港へ直行するつもり。また、iPhoneアプリ「ヘイロー Hailo」で、目的地を入力し、タクシーを呼び出す。

f:id:tachibanaya-shop:20170323163108p:plain

▲5分ほどでタクシー到着。乗り込む。

f:id:tachibanaya-shop:20170323163210j:plain

▲タクシーはすぐに高速道路へ入り、空港に向かって快調に進む。

f:id:tachibanaya-shop:20170323163338j:plain

▲タクシーはあっという間にバラハス空港ターミナル2に到着した。バスでは1時間ほどかかった道のりだが、タクシーだと20分たらずで到着。マドリードから日本へは、ドイツ・フランクフルト経由のルフトハンザ便(ANAコードシェア)となっている。バラハス空港ターミナル2は、前日マドリード到着時に利用した最新のターミナル4とは、まったく異なり、天井が低く、ずいぶん古くさい建物。成田の第2ターミナルと同じような雰囲気を感じる。

カルフールマーケットなどでVALORのチョコレートを買う

f:id:tachibanaya-shop:20170322102141j:plain

▲フラメンコから一夜明け、ホテルをチェックアウト。歩いて向かったのは、近くのカルフールマーケット。カルフールというと大型スーパーをイメージするが、ここは小型のスーパー。開店を待って中に入る。

f:id:tachibanaya-shop:20170322102425j:plain

▲買ったのは娘に頼まれていたVALORのチョコレート。カルフールマーケットには、1種類しか置いていなかったので、これを数枚と安い水を買う。

f:id:tachibanaya-shop:20170322102743j:plain

▲次に向かったのは、通りを挟んで隣にある同じようなスーパー AHORRAMas。

f:id:tachibanaya-shop:20170322102937j:plain

▲こちらのスーパーの方が、チョコレートの品揃えは良く、いろいろな種類をひと通り買ってみた。しかし、調子に乗って買ったので、かなり重い。

f:id:tachibanaya-shop:20170322103141j:plain

▲これが、レシート。チョコレートばかり買って、21.52ユーロ。バックパック1つの旅は、両手があいて、移動しやすいというメリットがあるが、おみやげ品はほとんど買えないというデメリットもある。今日が最終日で、あとは帰るだけだが、荷物の重さとしては、この辺りが合理的な限界。

コラールデラモレリアでフラメンコ鑑賞

f:id:tachibanaya-shop:20170321104135j:plain

フラメンコタブラオ「コラールデラモレリア Calle de la Moreria」に入った。今日のプログラムを渡される。いろいろプログラムがあるように見えるが、実際は、同じメンバーが、入れ替わり出てくるだけ。

f:id:tachibanaya-shop:20170321104454j:plain

▲ステージは客席の右角に作られている。割と狭いステージで、前の方の客席はかなり見上げるような姿勢になる。

f:id:tachibanaya-shop:20170321104652j:plain

▲フラメンコが始まる前の様子。観客は、ほぼ全員が白人観光客。アジア系の人は見かけなかった。

f:id:tachibanaya-shop:20170321104811j:plain

▲ステージが始まってすぐの様子。この時は皆さん写真撮影していたのだが、このあとで、撮影しないでくださいとアナウンスが入ったので、ステージの写真はこれだけ。

f:id:tachibanaya-shop:20170321105046j:plain

▲フラメンコショーが終わり、12時頃にホテルに帰ってきた。フラメンコショーは、期待していたほどでもなかった。もう少し、若い女性のダンサーがいれば盛り上がるだろうが。

ホテルから歩いてフラメンコタブラオ コーラル・デ・ラ・モレリアへ

f:id:tachibanaya-shop:20170320062909j:plain

▲今は2016年5月29日午後9時42分、場所はスペイン・マドリードのホテル 「プエルタ・デ・トレド」のエレベーター前。今朝、バルセロナのホテルを出て、「フランサ駅」と「バルセロネータ海岸」を巡り、バルセロナエルプラット空港からブエリング便でマドリードへ移動。マドリードの中心部アトーチャ駅にバスで到着してから、ソフィア王妃芸術センターで34年ぶりにピカソの「ゲルニカ」を鑑賞、そしてこのホテルにたどり着いた。遅い時間だが、これから、フラメンコタブラオ「コラールデラモレリア Calle de la Moreria」へ歩いていく。タブラオとは、フラメンコショーを行うバルやレストランのこと。

f:id:tachibanaya-shop:20170320151813j:plain

▲ホテルからコーラルデラモレリアへは、一本道なのだが、道を間違えたので、公園を横切って軌道修正する。やはり、歩き始めの方向確認はとても重要。

f:id:tachibanaya-shop:20170320152028j:plain

▲階段を上がりきった先、さらに奥へ進む。こんな遅い時間なので人はいないが、きれいに整備された公園。

f:id:tachibanaya-shop:20170320152159j:plain

▲公園を斜めに横切っていく。空はまだ若干明るいが、もう午後10時過ぎ。

f:id:tachibanaya-shop:20170320152500j:plain

▲やっとフラメンコタブラオの前に出る。賑やかや場所では無い。少し裏通りに入った場所にある。すでに入口には客が集まっている。私も、この列の最後尾につく。

f:id:tachibanaya-shop:20170320152726j:plain

▲徐々に列は進み、入口のそばまできた。入口上には、コーラルデラモレリアの看板。いよいよタブラオの中に入る。

f:id:tachibanaya-shop:20170320153146j:plain

ホテル プエルタデトレドの近くで軽く夕食をとる

f:id:tachibanaya-shop:20170319185048j:plain

マドリードではホテル プエルタデトレドに宿泊した。このホテルは「じゃらん」から予約した。日本人が泊まっても特に違和感を感じないつくりの宿になっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170319185315j:plain

▲ホテルすぐそばの安食堂でビールとつまみ。バルセロナと違って、夕方のマドリードは気温が低く肌寒い。

f:id:tachibanaya-shop:20170319185650j:plain

▲ランアバウトの交差点中央にあるのは、プエルタ・デ・トレド門。トレド方面への街道につくられた門ということだろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170319190029j:plain

▲食事を終え、ホテルの部屋に戻ってきた。泊まった部屋は、内側の吹き抜けに面した部屋。

f:id:tachibanaya-shop:20170319190253j:plain

▲三ッ星ホテルだが、バスルームはこのようなデザインで、少しだけ高級感を演出している。ただ、ヘアドライヤーは、最近では目にしなくなった昔ながらのタイプ。

f:id:tachibanaya-shop:20170319190514j:plain

▲泊まったのは428号室。狭い部屋だが、特に不満は無い。しばらくホテルで休憩し、時間がきたら予約してあるフラメンコを見に行こう。

ピカソのゲルニカを鑑賞したあと、ホテルへ移動

f:id:tachibanaya-shop:20170318172742j:plain

▲スペインの首都マドリード、その中心部にあるアトーチャ駅に到着した。ここから急いで、すぐ近くにあるソフィア王妃芸術センターへ向かう。

f:id:tachibanaya-shop:20170318173446j:plain

▲ここがソフィア王妃芸術センター。古い建物の外側に近代的なガラス張りのエレベーターが取り付けられている。ここにやってきた理由はただひとつ。ピカソの大作「ゲルニカ」を見ること。この美術館は日曜日の午後は無料となるので、ちょうど都合が良かった。閉館までのわずかな時間だったが、34年ぶりにゲルニカを鑑賞できて、良かった。

f:id:tachibanaya-shop:20170318173927j:plain

▲閉館時刻のため、係員に追い出されるように美術館を出ると、こんなデザインポールが立っていた。空は青く明るいが、もう午後7時。平日なら美術館は午後9時まで開いているのだが。

f:id:tachibanaya-shop:20170318174322j:plain

▲ソフィア王妃芸術センターから歩いて30分ほどで、ホテルに到着。今夜の宿は、プエルタ・デ・トレド。やや大きめのランアバウト式交差点の横に立地している。

f:id:tachibanaya-shop:20170318174617j:plain

▲チェックインを済ませ、部屋へ入る。室内は改装されており、なかなかきれい。想像していたよりいい宿だ。

f:id:tachibanaya-shop:20170318174805j:plain

▲ベッドまわりはこんな感じ。コンパクトだが、機能的にまとめられている。日本に帰ってきたような、ホッとする空間。

f:id:tachibanaya-shop:20170318174931j:plain

▲バスタブは無いが、シャワールームはきっちりと仕切られており、清潔で使いやすそうな構造。今晩は夜遅くにフラメンコの予約を入れている。それまでは、だいぶ時間があるので、近くの店で軽く夕食をとることにしよう。

f:id:tachibanaya-shop:20170318175900j:plain