JR富山駅の南口から、北口へ移動

f:id:tachibanaya-shop:20170921223743j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前11時59分。ここは、JR富山駅前。早朝に高知空港を出発、フライトを2便乗り継いで、ここまでやってきた。

「JR富山駅」の表示の隣には「TOYAMA STATION」の文字、さらにその隣には、「あいの風とやま鉄道」の文字。この鉄道は、北陸新幹線開業にともない、在来線を経営分離しできた第三セクター鉄道で、筆頭株主富山県となっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170923153542j:plain

AMAZING TOYAMAのオブジェの向こうを路面電車が通過して行く。これは富山地方鉄道の市電。

f:id:tachibanaya-shop:20170923155812j:plain

富山駅の正面にやってきた。3階のガラス張り部分に新幹線車両が見える。新幹線ホームは、完全に屋根に覆われている。

f:id:tachibanaya-shop:20170923160311j:plain

また、駅舎の中央部は、路面電車の始発駅となっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170923160841j:plain

出発を待つ路面電車

f:id:tachibanaya-shop:20170923161114j:plain

富山駅北側にある「富岩運河環水公園」へ行くため、駅舎内へ入る。しかし、そのまま中央部を、北口側へ通り抜けられる構造にはなっていない。

f:id:tachibanaya-shop:20170923161540j:plain

少し迷ったが、地下道を通らなければいけないことに気づいた。けっこう長い地下道を歩いていく。

f:id:tachibanaya-shop:20170923161822j:plain

中心に時計台があるだけの殺風景な広場に出る。

f:id:tachibanaya-shop:20170923162051j:plain

さらに少し歩いて、やっとエスカレーターで地上へ。立派な駅だが、今のところ切符を持たない者にとって、南北の移動はたいへん不便な構造となっている。

Toyama Station 2017/06/24

富山空港から連絡バスに乗り、JR富山駅へ

f:id:tachibanaya-shop:20170921062042j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前11時30分。ここは、富山空港・空港連絡バス(富山地方鉄道バス)の車内。

f:id:tachibanaya-shop:20170921122703j:plain

富山駅に向かって出発する。

f:id:tachibanaya-shop:20170921122751j:plain

空港連絡バスは、道幅が広く、緑が多い道路を快適に走っていく。

f:id:tachibanaya-shop:20170921122926j:plain

しばらく走って市街地に入る。

f:id:tachibanaya-shop:20170921123031j:plain

左手に城が見えた。これは、富山城。神通川の水を城の防御に利用したため、城が水に浮いたように見えるため、「浮城」とも呼ばれる。

f:id:tachibanaya-shop:20170921123440j:plain

正面奥に富山駅が見えてきた。

f:id:tachibanaya-shop:20170921123559j:plain

駅前でバスを降りる。良い天気になってきた。

f:id:tachibanaya-shop:20170921123747j:plain

横断歩道の向こうがJR富山駅。ガラスばりの向こうは新幹線ホームだろうか。なかなか立派な駅舎である。

f:id:tachibanaya-shop:20170921124006j:plain

横断歩道を渡り、まずは駅へ行ってみよう。

Toyama-Airport Bus 2017/06/24

富山空港にて富山ブラックラーメンの昼食

f:id:tachibanaya-shop:20170920061907j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前10時59分。ここは、富山空港ターミナルビル。さきほど到着したANA NH315便から、降りてきたところ。

今回、富山へやってきた目的の一つは、北陸新幹線に乗ること。北陸新幹線が開業したのが、2015年3月なので、もう2年ほどたった。本来なら、高崎駅長野駅から乗るべきなんだろうが、新幹線はなかなか料金が高い。そこで、手軽に乗る事ができる富山ー金沢間だけに絞って乗ってみることにした。

f:id:tachibanaya-shop:20170920102333j:plain

階段を降りて、到着ロビーへ。このあたりの構造は、高知空港と同じ。

f:id:tachibanaya-shop:20170920102644j:plain

制限エリアから外に出てすぐのところに、とやま鮨という、おいしそうな寿司屋があった。ランチタイムはお得そう。しかし、トイレに行って戻ってくると、もう席が埋まっていた。残念。

f:id:tachibanaya-shop:20170920102934j:plain

そこで、二階のラーメン屋「富山ブラック」に入る。

f:id:tachibanaya-shop:20170920122532j:plain

富山ブラック黒醤油ラーメンを注文。やや、濃いめの味だが、それほど特徴のあるラーメンではなかった。やつぱり一階の寿司が良かったが。

f:id:tachibanaya-shop:20170920122752j:plain

二階から見下ろしたところ。高知空港には、こういう吹き抜けのスペースは、たぶんない。

f:id:tachibanaya-shop:20170920122917j:plain

富山駅行き空港連絡バスの切符を自販機で購入。大人410円、河川敷空港ということもあり、中心部まで割と近い空港。

f:id:tachibanaya-shop:20170920123122j:plain

これが空港連絡バス。この富山地方鉄道バスに乗り込む。

TOYAMA BLACK RAMEN 2017/06/24

日本で唯一の河川敷空港 富山きときと空港に着陸

f:id:tachibanaya-shop:20170918191339j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前10時35分。ここは、ANA NH315便 羽田発 富山行 B737-800の機内。羽田空港を飛び立ったあと、埼玉、長野の上空を飛行し、いったん日本海に出る。そして、能登半島の手前で右旋回し、富山湾に向かって進んでいる。

f:id:tachibanaya-shop:20170919062724j:plain

富山湾から、陸上に入ってきた。これから着陸するのは、富山きときと空港。日本で唯一、河川敷に作られた空港。

f:id:tachibanaya-shop:20170919155749j:plain

きときと空港に向けて降下中。そのまま、海側から河川敷空港に着陸するかと思っていたら、今度は左に旋回して、山側から川下にむけて降りて行く。

f:id:tachibanaya-shop:20170919160138j:plain

河川敷堤防の向こう側の監視塔を右手に見ながら着陸。

f:id:tachibanaya-shop:20170919160528j:plain

着陸した飛行機はそのまま滑走し、ゲートに到着。

f:id:tachibanaya-shop:20170919160750j:plain

長い長いボーディングブリッジを歩いて、到着ロビーに向かう。滑走路は河川敷にあるが、空港ビルは、堤防の向こう側にある。堤防を越えていく必要があるため、長いボーディングブリッジが設置されている。

f:id:tachibanaya-shop:20170919161025j:plain

いかにも中国、というデザインの中国南方航空機がとまっている。富山きときと空港には、韓国・ソウル、中国の上海・大連、台湾・桃園へ定期便が飛んでいる。

f:id:tachibanaya-shop:20170919202830j:plain

なかなか長いボーディングブリッジ。

f:id:tachibanaya-shop:20170919202950j:plain

ボーディングブリッジの途中から、空港ビルを望む。手前に見える緩い斜面が、神通川の堤防。

f:id:tachibanaya-shop:20170919203330j:plain

空港ビル内に入った。さらに歩いて、到着ロビーへ進む。

f:id:tachibanaya-shop:20170919203501j:plain

ボーディングブリッジを振り返ると、このように見える。確かに、長い。そして、しっかりと造られている。

TOYAMA AIRPORT 2017/6/24

羽田発 富山行き ANA NH315便に搭乗、そして離陸

f:id:tachibanaya-shop:20170918062244j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前9時3分。ここは、羽田空港第2ターミナルのバスラウンジ。第1ターミナルから徒歩移動してきて、到着したところ。富山行き便の出発まで、まだ少し時間があるので、ビールでも買おうかと、近くの売店「ANA FESTA」をのぞいてみたが、ここにはアルコール類を置いていない。

f:id:tachibanaya-shop:20170918062940j:plain

仕方ないので、エスカレーターで二階へ戻る。近くの別のANA FESTAへ向かう。

f:id:tachibanaya-shop:20170918063331j:plain

こちらの売店、ビールは一応置いてあったが、品揃えが非常に少ない。その中から、キリン一番搾りを購入。

f:id:tachibanaya-shop:20170918063616j:plain

バスラウンジに戻り、ビールを飲みながら出発を待つが、これを飲み終わらないうちに、搭乗アナウンス。飲みかけの缶ビールをもってバスに乗るわけにもいかないので、ビールの残りを急いで飲み干す。

f:id:tachibanaya-shop:20170918145104j:plain

搭乗が始まった。バス移動なので、早めの案内となる。搭乗客は、なぜか、おじさんが多い。

f:id:tachibanaya-shop:20170918145343j:plain

富山行きの機材は、B737-800。朝、乗ってきたJAL便と同じ。羽田と地方都市を結ぶ便は、JALにしろ、ANAにしろ、737-800が多い。

f:id:tachibanaya-shop:20170918145712j:plain

地上から見ると737でも、ずいぶん大きく見える。

f:id:tachibanaya-shop:20170918145930j:plain

指定した座席は右側のやや後方。主翼付け根のすぐ後ろあたり。

f:id:tachibanaya-shop:20170918150211j:plain

ドアが閉まり、滑走路へ進む。先行する別のANA便、JAL便の後に続く。

f:id:tachibanaya-shop:20170918150458j:plain

そして、いよいよ滑走路の端へ移動。

f:id:tachibanaya-shop:20170918150639j:plain

管制塔と駐機している多くのANA機を右手に見ながら加速。

f:id:tachibanaya-shop:20170918150828j:plain

離陸し、どんどん高度を上げて行く。

ANA NH315 TOYAMA 2017/06/25

羽田空港 第1ターミナルから第2ターミナルへ徒歩移動

f:id:tachibanaya-shop:20170917131803j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前8時32分。ここは、JAL490便の機内。さきほど羽田空港に到着し、降りるところ。

f:id:tachibanaya-shop:20170917132255j:plain

ボーディングブリッジを通って、第1ターミナル内に入る。出口に向かって歩いて行く。

f:id:tachibanaya-shop:20170917132522j:plain

到着出口12から、到着ロビーへ出る。ここまでは普段通りだが、ANA NH315便 9時40分発 富山行きに乗り継ぐため、ここから第2ターミナルへ移動しなければならない。

f:id:tachibanaya-shop:20170917133307j:plain

1階の到着ロビーから、エスカレーターで地下1階へ進む。

f:id:tachibanaya-shop:20170917133620j:plain

京急線のりばに向かって、エスカレーターを乗り継いで、さらに下へ。

f:id:tachibanaya-shop:20170917133908j:plain

京急線の改札を左手に見ながら、右側へ進むと、第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶ地下通路に至る。

f:id:tachibanaya-shop:20170917134152j:plain

地下通路には、長〜い動く歩道が整備されている。

f:id:tachibanaya-shop:20170917134415j:plain

通路の中央部で、いったん動く歩道が切れる。別の動く歩道に乗ってさらに進む。

f:id:tachibanaya-shop:20170917150844j:plain

やっと、動く歩道の終点、第2ターミナル側にやって来た。

f:id:tachibanaya-shop:20170917151023j:plain

エスカレーターに乗り、上へ向かう。

f:id:tachibanaya-shop:20170917151213j:plain

出発案内を確認する。これから乗る予定のANA NH315便富山行きは、700番ゲートからの出発となっている。700番ゲートという事は、飛行機までバス移動となる。

f:id:tachibanaya-shop:20170917151639j:plain

地下から、二階出発ロビーC・D行きのエスカレーターに乗る。床が、ピカピカしていて、とてもきれい。

f:id:tachibanaya-shop:20170917152000j:plain

保安検査場Cへ進む。さほど混み合ってはなさそう。

f:id:tachibanaya-shop:20170917152242j:plain

保安検査を無事通過。ただ今、午前8時55分発。飛行機を降りてから20分ほどで、ここまで来る事が出来た。

f:id:tachibanaya-shop:20170917153014j:plain

バスラウンジに向かって、ひたすら移動。

f:id:tachibanaya-shop:20170917153224j:plain

このエスカレーターを降りると、700番ゲートがあるバスラウンジ。

f:id:tachibanaya-shop:20170917153431j:plain

バスラウンジ700〜704番ゲートが見えてきた。

f:id:tachibanaya-shop:20170917153636j:plain

午前9時3分、やっと700番ゲートに到着。出発まで、まだ少し余裕があるので、缶ビールでも買いに行こう。

JAL490便 羽田空港第1ターミナルに到着

f:id:tachibanaya-shop:20170916122945j:plain

今は、2017年6月24日 土曜日 午前7時40分。ここは、JAL490便 高知発 羽田行の機内。

高知から羽田へは、JALANAが選べる。どちらかが、特に優れている、というような事はない。時間帯が便利そうな方を選ぶ。昔はANA便ばかり使っていたが、今はJALを利用する事が多い。

f:id:tachibanaya-shop:20170916123223j:plain

水平飛行になって飲み物のサービス。

f:id:tachibanaya-shop:20170916152635j:plain

眼下に住宅地が見えてきた。そろそろ、羽田空港へ着陸する。

f:id:tachibanaya-shop:20170916153335j:plain

雲が多い東京の空。荒川河口橋の向こうに、東京スカイツリーが霞んで見える。

f:id:tachibanaya-shop:20170916153852j:plain

羽田空港に着陸。羽田へ来るのは、5月末のベトナム旅行以来のこと。

f:id:tachibanaya-shop:20170916154100j:plain

JAL490便は、管制塔がすぐ正面に見える位置に駐機した。飛行機を降りたら、すぐに第1ターミナルから、第2ターミナルへ移動する必要がある。乗継ぎ便の出発まで、あまり時間がない。京浜急行地下駅の横の通路を歩いて行くのが1番早いらしい。