読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立派な造りのバルセロナ・フランサ駅舎

f:id:tachibanaya-shop:20170308105853j:plain

ホームに入ったところにフランサ駅の模型が置かれている。ホームはドーム屋根を二つ並べたような構造になっている。8番線と9番線の間にドーム屋根を支える支柱が設置されている。

f:id:tachibanaya-shop:20170308110255j:plain

10番線に止まっているのは特急列車のはずだが、この駅から乗り込む乗客は、ほとんどいない。これだけ規模が大きいのに、粗乗客がいない始発駅は、かなり珍しいのではないだろうか。

f:id:tachibanaya-shop:20170308110627j:plain

時代がかった立派な車両どめが、往時のこの駅の姿を想像させる。

f:id:tachibanaya-shop:20170308110926j:plain

今でもきちんと整備されているのだろう。

f:id:tachibanaya-shop:20170308111228j:plain

こちらは近距離用の普通列車だと思う。こちらも、特急列車同様に乗客は、ほぼいない。

f:id:tachibanaya-shop:20170308111504j:plain

車両の反対側に回ると、ご覧のようなありさま。ヨーロッパの車両は、このように落書きされていることが多い。せっかくのスタイリッシュなデザインが台無しになっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170308111907j:plain

こちらは通勤用車両、定員を増やすため2階建客室となっている。しかし、この駅から乗車する人は、ほぼいない。

フランサ駅は、豪華な作りながら、行き交う人がはぼ皆無なため、不思議な雰囲気を醸し出している。