読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラハス空港でチェックインを済ませ、ラウンジへ

f:id:tachibanaya-shop:20170324081449j:plain

▲今は2016年5月30日、月曜日、午前10時30分。ここは、スペイン・マドリードのバラハス国際空港・ターミナル2。チェックインのため、ルフトハンザの窓口に並んでいる。今回のスペイン旅も、あとは日本へ帰るだけとなった。往復の航空券はANAで手配したが、帰りはルフトハンザのコードシェア便となっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170324082148j:plain

▲チェックイン、完了。まずは、12:45発のルフトハンザLH1113便でドイツ・フランクフルトまで移動する。 フランクフルト到着は、15:20の予定。

f:id:tachibanaya-shop:20170324100858j:plain

▲セキュリティーチェックを抜け、制限エリアに入る。このあたりも天井が低く、地方空港のような殺風景な印象。デザイン性の高いターミナル4とは大違い。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101119j:plain

▲その先に、プライオリティーパスで入ることができるラウンジ Sala VIP Puerta de Alcaláを見つけたので、階段を上ってみる。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101345j:plain

▲プライオリティーパスカードと搭乗券を見せて、ラウンジに入る。ここは、滑走路が見渡せる窓が並んだ奥行きがあるラウンジ。やはり、天井が低く、古くさいイメージではあるが、居心地は良さそう。

f:id:tachibanaya-shop:20170324101652j:plain

▲中央のカウンター席に座る。フードコーナーから、ビールとサンドイッチとフルーツを取ってきた。昨日のバルセロナ・エルプラット空港のラウンジにはビールが無かったが、ここは普通に缶ビールを置いてあった。

f:id:tachibanaya-shop:20170324102037j:plain

▲スペインでメインとして使っていたボーダフォンES(エスパーニャ)のSIMを、ドイツでも使えるボーダフォンIEアイルランド)のRED ROAMING SIMに入れ替える。