読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しくオープンした関空第2ターミナル(国際線)を見学

f:id:tachibanaya-shop:20170404214906j:plain

▲三宮からのリムジンバスは、12時過ぎ、関西国際空港第2ターミナルに到着した。到着場所は、新しくオープンした建物、第2ターミナル(国際線)のすぐ前。旧ターミナルとは、駐車場を囲んで、ちょうど直角を作るような位置関係になっている。

f:id:tachibanaya-shop:20170405162201j:plain

D表示の自動ドアから、新しいターミナルに入ってみる。

f:id:tachibanaya-shop:20170405162331j:plain

▲国際線の出発便表示案内。従来のものが、そのまま移動してきただけのような感じ。

f:id:tachibanaya-shop:20170405162515j:plain

▲新ターミナルのセキュリティ手前には、今のところ、ショップやレストランは無い。そのため、このような案内板を置いてある。買い物や食事は、第2ターミナル国内線側でどうぞ、ということ。

f:id:tachibanaya-shop:20170405162819j:plain

▲少しだけソファーがあり、その先におなじみのダンボール製セルフチェックイン機が並ぶ。そして、さらに奥には、預け荷物カウンター。

f:id:tachibanaya-shop:20170405163045j:plain

▲こちらがカウンター。私は、今までピーチで荷物を預けた事がないので、どのような対応になっているのか知らない。

f:id:tachibanaya-shop:20170405163353j:plain

チェックインカウンターの先は、細長く通路が続く。窓際には、新ターミナルオープンを祝う蘭の花が並んでいた。

f:id:tachibanaya-shop:20170405163553j:plain

▲壁面に大きく「国際線 出発」の表示。表示にしたがって、奥に進んで行く。

f:id:tachibanaya-shop:20170405163914j:plain

▲通路右側に、大きく「拡張」と描いたポスターがある。この先、左側に荷物検査場がある。新ターミナルは、今のところ、必要最低限のものがあるだけで、非常に殺風景な印象だった。セキュリティエリア内に入れば、また違ってくるはずだが、残念ながら、新ターミナル国際線を利用する機会は当面無さそう。